第64回 近畿地区連盟 2019年度新春初抜き大会

  • 平成31年1月15日に近畿地区居合道連盟の最初の行事となる「新春初抜き大会」が大阪府堺市の大浜体育館で       開催されました。

  今回、滋賀居道友会からは、当方を含めて8名、参加いたしました。平成最後となる今回の初抜大会、入賞を目指

  す人、3月の昇段審査のリハーサルとして挑む人などそれぞれの思いを胸に大会に挑みました。

 
【段外之部 : 滝 真康 剣士】 ※写真 手前
 
  
 
   
 
 
【段外之部 : 大堀 仁志 剣士】 ※写真 奥
 
  
 
  
 
 
【初段之部 : 元持 政敏 剣士 】 ※写真 手前
 
  
 
  
 
 
【参段之部 : 野村 卓哉 剣士】 
 
   
 
  
 
 
【四段之部 : 山本 雅彦 剣士】 ※写真 手前
 
  
 
  
 
 
【六段之部 : 島田 利男 剣士 】 ※写真 右奥
 
  
 
  
 
 
【七段之部 : 中山 直生 先生】 ※写真 中央
 
  
 
  
 
  
 
【九段之部 :佐々木 正俊 先生】
 
 
 
 
 
今回は、残念ながら入賞者は、いませんでした。また、佐々木先生からは、「皆、間がない」と言われました。
 
勝負の間とは、敵に対して一瞬の動きの叶うところ、(一足一刀)の間を云う。
心の間とは、敵の動きを知り、敵の動きによって自分の行ずる業に自ら遅速緩急の間があり、はっきり敵の動きを
つかもうとする、そこに心の間が生まれるのである。
漫然と行わず、敵を見定め、追い進む、そこに間が生じる。この心の間のとりかた如何によって居合の巧拙が決まると
され極言されるほど、重要なところであります。
 
皆さん、この「心の間」の修練に励んでみては如何でしょうか?
 
 
 
                                                   -以上ー